email
個人情報保護方針 お問い合わせ
トップ センター紹介 人間ドック紹介 インターネット予約について FAQ 健康・検査の知識
   
すこやかカレンダー
子宮頸がんの精密検査について
子宮・卵巣・卵管について
子宮・卵巣・卵管
コルポスコピー検査について
コルポスコープという拡大鏡で、子宮口(子宮膣部)を詳細に診察し、病的変化の有無を調べる検査です。まずそのまま観察し、引き続き薬剤(酢酸)を塗布し、反応や変化により病変部位を推定し、コルポスコピー検査としての診断を行います。
コルポスコピー検査
 
組織診
生検とも呼ばれている検査で、あらかじめコルポスコピー検査で認められた病変部位の組織を、専用の器具でごく小さく切り取り、その切除された組織を顕微鏡で調べる検査です。病変の種類や広がり(深さ)などを調べることができます。
戻る
聖路加国際病院附属クリニック・予防医療センター