email
個人情報保護方針 お問い合わせ
トップ センター紹介 人間ドック紹介 インターネット予約について FAQ 健康・検査の知識
   
すこやかカレンダー
HPV(ヒト・パピローマウィルス)について
  子宮頸がんは、ヒト・パピローマウィルス(HPV)の感染によるものであることがわかってきました。HPVには数多くの型(100種類以上)が存在していますが、そのうちのハイリスク型HPVが、子宮頸がんの発生に関与していると言われています。
HPVは、性交渉により感染するありふれたウィルスです。性体験のある女性は、このウィルスに感染する可能性があります。その感染のほとんどは、免疫力などにより早期に陰性化(潜伏感染)されます。ただ、感染した女性のうちわずかな方は、HPVが陽性のまま持続感染し、そのなかの一部の人が子宮頸がんになる可能性があることが最近解明されてきました。
 
  従来子宮頸がん検診は、子宮頸部の細胞に異常があるかどうかを診る「細胞診」が行われてきました。この細胞診に、子宮頸がんの原因となるHPVに感染しているかどうかを調べる「HPV検査」を併用し、その経過を観察していくことにより、子宮頸がん検診の精度が向上することもわかってきています。
 
  このようなことから、当センター婦人科では、ハイブリッド‐キャプチャーU法によるHPV検査を、子宮頸がん検査の精度向上を目的として、オプション検査に加えております。この検査では、子宮頸がんの原因となるHPV13種類の感染の有無がわかります。
 
  当ドックでは、「子宮頸部細胞診とHPV検査を併用した子宮頸がん検診」をお勧めいたします。
 
  HPV検査の申し込みを希望される方へ
 
  ただし、この検査で調べられる13種類以外の原因HPVが存在していることは否定できません。また、HPVが関与せず、発見が難しい子宮頸がんもあることが報告されています。
他の医学検査と同様にHPV検査にも限界があることをご承知ください。
 
婦人科医師 
戻る
聖路加国際病院附属クリニック・予防医療センター