email
聖路加国際病院附属クリニック・予防医療センター
個人情報保護方針 お問い合わせ サイトマップ
トップ センター紹介 人間ドック紹介 インターネット予約 FAQ 健康・検査の知識
   
センター長のご挨拶
歴史
沿革
特色
施設
医療陣
団体契約のご案内
アクセスマップ
歴史
人間ドックの歴史
人間ドックは、1954年に日本で初めて、国立東京第一病院(現国立国際医療センター)と聖路加国際病院で始まりました。当初は、「短期入院精密身体検査」という呼称で1週間入院の人間ドックが始まりましたが、同年にある新聞記者がそれを「人間ドック」ということばで記事を書いたのがきっかけで、「人間ドック」が使われるようになりました。当時の記録に、「自分の健康について自分が責任を持つ者に協力するという医療に踏み切った」とあります。この時の聖路加国際病院で行われた人間ドックが、日本における人間ドックのルーツとなりました。

人間ドックに関する基本的な考え方は、「長い航海をした船はドックに入れ、船底についた貝殻をとりのぞき船体を塗りかえ、機関部などをチェックし、具合の悪い箇所を直して再び航海に出ます。これと同じように、人生の長い航海をしてきた人々も、たとえ自分ではわからなくてもドックに入り、具合の悪いところがないかどうかを調べ、もしあればその故障したところを早めに治し、故障がなければ健康に自身を得てまた人生の航路に出発する」(健康保険組合連合会作『短期人間ドック案内』より)と記されています。

1日人間ドックは自動化総合健診として、1964年に米国のカイザーで生まれたもので、Automated Multiphasic Health Testing and Service(AMHTS)と呼ばれています。わが国でも1970年に、初めて東芝総合健診センターで導入されました。

自動化総合健診は、午前中に健診専用フロアで、自動化された各種の検査機器、自動計測機器などを使用して、多人数を対象に多項目の検査を効率的に行います。午後には、コンピュータに登録された結果データをもとに、医師と看護師による結果面接および生活指導が行われています。
 
出典「聖路加国際病院八十年史」より
PAGE TOP
聖路加国際病院附属クリニック・予防医療センター